プロフィール

はじめまして、大川立起(おおかわたつき)と申します。ここでは少しだけ僕の話をさせていただきます。

僕は、「会社員時代よりも幸せな経営者を増やす」をコンセプトに、個人事業主の方や小規模企業経営者の方、これから起業したい方むけにマーケティングコンサルタントをしています。

 

『マーケティングコンサルタントって何だ?』

というと、簡単に言えば「集客~売上・利益アップ~リピーター獲得~ファン化」までをお手伝いしています。一人一人抱えている問題点が違うので、集客方法をお伝えする事はもちろん、ターゲット自体を変更する事もあれば、商品やサービスを改良する事もあります。

よくある「〇〇を使って集客、△△を使って売上アップ」というような、特定のツールを使った集客ではありません。

その方の状況に合わせて、動画を使う事もあれば、出版のお手伝いをする事もあります。Webを一切使わない事もよくあります。

コンセプトの理由

僕のコンセプトが「会社員時代よりも幸せな経営者を増やす」になったのにはもちろん理由があります。

僕が仕事でお会いする方は、ほぼ経営者の方です。もちろん僕に相談していただくわけなので、何か問題を抱えています。あるいは、これからどうしようかと迷っています。

皆さんビジネスを楽しんでいるというよりは、厳しい現状と必死に戦っている方がほとんどです。

その原因は「お金」だけではありません。「時間」が問題であるケースもありますし、事業を大きくした事で「人」が問題になるケースもあります。実際に口にする人もいれば、それだけは言いたくないと思っている方もいますが、皆さん共通の思っている言葉があります。それが

「会社員の方がよかった。。」

せっかくリスクを負って独立したにも関わらず、会社員の方が良かったなんて事は思ってほしくありません。必ず「独立して良かった」と思って欲しいですし、そうあるべきだと信じています。

 

僕が関わった人全ての方が

「独立して良かった!会社員時代よりも幸せだ!」

と感じてもらいたいとの想いから、「会社員時代よりも幸せな経営者を増やす」というコンセプトはうまれました。

というのが1つ目の理由です。

 

もう1つの理由は、僕自身の経験からきています。

起業2日前に裏切られる

僕は元々コンサルタントとして起業したわけではありません。全く別の業種で起業するはずでした。

 

ですが、それは叶いませんでした。

 

以前いた会社の人と一緒に会社を作る予定でしたが、会社が立ち上がる2日前にその人に裏切られました。その人は以前にいた会社に残り、進めていた企画も当然そっちで進みました。

2015年なので2年以上前の話になります。会社だけ立ち上がり、でも本来やるはずだったビジネスが出来ないとなった時、怒りとかではなかったです。ただ

(明日からどうしよう・・・)

と呆然としていました。

 

裏切った人は2回りほど年上で、しかも大企業で役員を経験した方だったのですが、まさか自分だけの保身に走るとは思いませんでした。

(いつまでたっても社長から気に入られるためには何でもする人っているんだな)

と関心したほどでした。

 

やる事がなくなった僕は、本当に色々やりました。知り合いに何でもやるからと頼み、選り好みせずにとにかくやりました。トラックに初めて乗ったのもこの時です。

そこで僕を助けてくれた経験が『マーケティング』です。

僕が以前いた会社は親会社からちょっと隠れたビジネスをしていたため、ほぼ1人で全てをやっていました。ほぼというのは「経理」に関する部分以外は全てという事です。

ホームページを作ったのもその時が初めてでした。企画を立てたり、営業したり交渉したりはもちろんですが、一番の経験は、とにかく色々勉強した事をテスト出来た事です。その経験が今のコンサルティングに役立っています。

 

「どうやってコンサルタントになったのか?」という疑問があるはずですので、その話をします。

とにかく生活のために色々やっている時、お手伝いしていた会社の社長さんと仲良くなりました。そこで色々と抱えている問題や悩みなどを話してくれるようになりました。社内では誰にも話せなかったようです。

そこでの会話の中で、今までの経験や僕の考え、勉強していた事などから言える事は全てお伝えしました。その結果、成果(集客とリピーター獲得がメイン)が出るようになり、なんと「コンサルタントとして正式にやってほしい」とご依頼をいただいたのです。

ただし、その時の僕は「コンサルタントって何するんだ?」という疑問がありました。失礼になっては困るので、正直にその疑問をぶつけたところ、「今までと同じでいいよ。相談しながら問題を解決していければいいから」とおっしゃっていただき、僕のコンサルタントデビューが決まりました。

最後に

今の僕のクライアントさんの中には会社員の方もいます。これから独立起業を目指す会社員の方もいれば、会社員としての売上のために僕と歩んでくれている方もいます。

独立起業が全てではありません。

「会社員時代よりも」という言葉を使っていますが、どっちが良いという事ではありません。

ですが、『頑張って起業したい』『起業したけど思うように成果が出ない』という方は本当にたくさんいます。そういう方ほど、人の役に立つ素晴らしいサービスや、素晴らしい商品を提供されています。

もしあなたがそうであれば、是非、会社員時代よりも幸せな経営者になって下さい。

僕はそんなあなたのお役に立てるよう、これからも活動していきます。

大川 立起

 ※2017.8 僕がビジネスを始めた経緯などについては、こちらの記事で取材もしていただきました!今の仕事に悩んでいる方も、これからの将来に悩んでいる方にも参考になる記事ですので是非読んでください!