広告の画像で簡単に効果を上げる方法

広告はたった2つの物から構成されています。
その2つが何か、あなたはわかりますか?

その2つとは

  • 文章
  • 画像

です。

 

文章については、色々とテクニックのようなものが言われていますが、実際はそんな簡単ではありません。

ましてや集客や販売に繋げる文章となると、非常に難しく、学ぶのにも時間がかかります。

もちろん今後、あなたにも出来る限りお伝えしていきますが、ひとまず今日は置いておきましょう。

 

一方の画像については、長い期間で使われている有名な法則があります。

ですので、まずは簡単にやることが出来る【画像】から制していきましょう。

広告の画像で効果を上げる『3Bの法則』とは?

広告に使う画像の中でも人の心をつかみやすく、更には好感を持たれやすいと言われる画像があります。

それが

  • 赤ちゃん(Baby)
  • 美人(Beauty)
  • 動物(Beast)

です。これが広告においての3Bの法則と言われるものです。頭文字のBを取っての3Bです。

 

昔から広告業界では当たり前に利用されている法則です。

昔から使われているから、今では古くて使えないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

今日からちょっと意識して広告の画像を見てみて下さい。

思った以上に『3Bの法則』が使われていることに気づくはずです。

 

あなたがもし広告を出す時に、どんな画像を使うかをを考えることがあれば、この3Bの法則を思い出して下さい。

成果が出ていることは真似するべきなので、どれか1つで良いので使えないかを検討して下さい。(中でも赤ちゃんが特に効果が高いと言われています

 

ただ、せっかく貴重なお金を使って広告を出すわけですので、どうせならもっと広告の効果が出やすい方法を使いたいですよね?

もちろんあります。

この方法は費用もかからず誰にでも、しかも簡単にやれることです。

 

広告の画像で効果を上げるために出来る簡単なこと

効果を上げるのに大切なこと、そればずばり視線です。

赤ちゃんや動物、または美人を広告の画像に使う時も、あるいはそれ以外の画像を使うとしても、

 

広告の見て欲しい部分に視線を向けるようにして下さい。

 

これは、商品だけに限らず、読んで欲しい部分に視線を向けることでも効果があります。

たったこれだけです。

 

もちろん3Bの画像を使うだけでも、当然目につきやすくなります。好感も持たれやすくなります。

それだけでも、ほとんどの目にもつかない広告と比べれば、一瞬でも目に留まるということは、全く違います

とはいえ「かわいいな〜、キレイだな〜」で終わってしまってはもったいないですよね?

 

驚くべき事例

実際にあった事例を1つお話します。 

 

「SUNSILK」というシャンプーなどのヘアケア商品を販売している会社が行った実験です。

どのような実験かと言うと、女性モデルの視線が

  1. 正面を向いている広告
  2. 商品に視線を向けている広告

の2つを用意し、商品を閲覧する割合を比較するという実験です。

 

ここで驚くような結果が出ました。

 

その結果とは、

モデルが正面を向いている場合では、商品を閲覧したのは6%だったのに対し、モデルが商品に視線を向けた広告の場合は、なんと84%が商品を閲覧していたのです。

信じられないような数字の違いですよね?

 

当然広告の作りにもよるでしょうが(SUNSILK社の実験広告は、ほぼ女性モデルと商品のみでテキストも少ないです)この結果を知ったからには、あなたがやらない理由はないですよね?

 

広告で一番重要なこと

広告で効果が出やすい画像の使い方はわかりました。とは言っても、広告を出すのであれば、一番重要なことを忘れては全てが台無しです。

「広告での一番重要なこと」、それは何度もお話していることですが

お客さん目線かどうか

本当に一番重要なので、もう一度言っちゃいます

お客さん目線かどうか

です。

 

サービスや商品を作る時もそうですが、

広告に関しても多くの失敗は、自分目線になっているからです。

 

あなたはお客さんではありません。

ですので、あなたの言いたいことや意見、やりたいことは関係ありません。

全てはお客さんにとってどうかです。

 

載せたい内容が決まった時、伝えるサービス内容を決めた時

「これはお客さんにとって本当に必要なことだろうか?」

と一度立ち止まって下さい。

 

広告費を出すのはあなたですが、あなたのサービスや商品にお金を払ってくれるのはあなたではありませんよね?

 

まとめ

あなたが広告を出す際は、注目度と好感度を上げるためにも、まずは

  • 赤ちゃん(Baby)
  • 美人(Beauty)
  • 動物(Beast)

の使用を検討しましょう。

 

そして次に、

見て欲しい、読んで欲しい部分に赤ちゃんや動物の視線を向けましょう。

たったこれだけの簡単なことです。

どうせやるのであれば、少しでも確立は上げたいですよね?

簡単に、しかもお金をかけずに出来ることですので、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

 

もちろんお客さん目線でですよ!

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です