起業アイデア発掘法!流行りではなく長く続けるビジネス分野の探し方

起業のアイデアの出し方については、このブログでも色々お話ししています。

基本的に、僕は好きなことで起業することをオススメしています。

ですが、そうは言っても

  • 好きなことがない
  • 得意なこともない
  • 何でもいいから稼ぎやすい分野で始めたい

という方もたくさんいます。

いや、むしろ多いでしょう。

 

では、「どうやって好きなことを探すか」ということは、今日はお話ししません。

どんなビジネス分野で起業するほうがいいのか、そのアイデア発掘法をお伝えします。

 

まずは「今流行のビジネス」か「長く続くビジネス」かを選ぶ

あなたが起業する、あるいは既に起業しているのであれば、新規事業で考えてください。

起業のアイデアを出そうと思うと、「流行りのビジネス」はすぐに思いつくはずです。

例えば、今なら「タピオカ」に関するビジネスや、「オリンピック」というキーワードで考えれば、思いつきやすでしょう。

 

短期間だけやって、その間で売上を作れればいいという方以外は、間違いなく長く続くビジネス、安定した売上の見込めるビジネスをやりたいはずです。

ただ、流行に乗ることは間違っていません。

  • 在庫をかかえない
  • 利益率が高い

といった条件で、リスクも少なくメリットも大きいなら、決して悪いわけではありません。

 

なので、まずはどちらのビジネスを構築したいかを決めましょう。

大川
みんな長く続くビジネスをやりたいはず!と思ったら危険です。特に、新規事業で始める場合は、一気に売り抜けることだけを考えることはよくあります。

ただ、その先の展開を考えるか、既に柱となるビジネスをやっている方のほうがいいですけどね!

需要があり、長く続くビジネス分野を見つける方法

先にその方法が何かをお伝えします。

それは

本屋さんにいく

これだけです。

とはいえ、本を見るわけではないので、もう少しだけ読み進めてくださいね。

 

恐らくあなたもそうだと思いますが、本屋さんに行くときは

  1. 欲しい本を買うため
  2. 面白い本がないか見るため
  3. 暇つぶし
  4. アイデア探し

といった目的があるはずです。

多くの方は、①〜③ですが、中には④の「アイデアを探すため」に行く方もいるでしょう。

その際、今売れている本などからアイデアは見つけることもできますし、ヒントもたくさん得られることは間違いありません。

 

ただ、今日お伝えしたいのは、「長く」「需要がある」の2点が揃った起業のアイデアを探す方法です。

その場合、1冊1冊の本を見ているだけではいけません。

 

起業のアイデアは1冊の本ではなく、本屋さんの棚の大きさを見る

需要があって長く続くビジネスアイデアは、本屋さんの棚を見ればわかります。

小さな街の本屋さんではなく、できるだけ大きな本屋さんに行って下さい。

 

そこで「棚」の割合を確認しましょう。

 

昔と違って、今は本が売れない時代です。それは間違いありません。

そんな時に、需要がないジャンルのために、たくさんの本を置いておくなんてしません。

つまり、

『棚の大きさ=世の中の需要』

になっています。

 

例えば、語学に関する棚はずっと大きいです。

かなりの場所を使って、語学に関する本がたくさん並んでいます。

その中には、「英語」「中国語」「フランス語」など色々な本がありますが、多くの割合は「英語」が占めています。

その時々で多少変わりますが、ずーっと「英語」が多くの割合を占めている状況は変わりません。

ということは、市場の需要はやはり「英語」ということがわかります。

需要からアイデアを出すためのお話です。他の語学だとビジネスにはならないということではないですからね!

 

需要があるジャンルに寄せることも考える

ビジネス本の棚を見てみると、「マーケティング」というコーナーもあります。

ですが、はっきり言ってあまり大きくありません。

理由は色々考えられますが(マーケティングという言葉自体の認知が低いなどもあります)、実際あまり需要はないということです。

ということは、マーケティングコンサルタントである僕が、もっと大きなビジネスとして展開することを考えるのであれば、「マーケティング」よりも、「営業」を前面に出したほうが、市場は明らかに大きいことがわかります。

 

大川
このあたりは、ビジネスの規模によります。僕はひとりビジネスを推奨しているので、むしろ大きな市場は避け、小さな市場で勝つ方法を考えます。

 

『大きな市場で戦う=大きな棚』、『ひとりビジネスで勝つ=小さな棚の組み合せ』

本屋さんに行くと、世の中の需要や長く続くビジネスのジャンルがわかります。

大きな市場で戦う場合には、必ず大きな棚を取っている分野から選ぶようにしましょう。

 

ただ、僕のようなひとりビジネスや、小規模で始めるのであれば、やはりここでも組み合せが大切です。

つまり、

『小さな棚のジャンル × 小さな棚のジャンル』

でアイデアを出していきます。

 

あるいは、ちょっと勝負をしたいなら、

『大きな棚のジャンル × 流行』

で考えてもいいですね。

流行をかけ算することで、市場は小さくなるからです。

 

まとめ

今の世の中は、「何が流行っている」「人気がある」という情報が溢れています。

ただ、その情報は本当でしょうか?

 

特に、テレビやネットからの情報というのは、正確性はもちろん、情報が偏ることばかりです。

テレビがスポンサービジネスである以上、変わることはないでしょうし、今後Googleがどれだけ進化しても、正しい情報しかインターネットに載らないということはありません。

 

そんな中で、需要がある、長く続くという分野を知るには、本屋さんの棚の方が信用できます。

「需要がない=売れない」という本のために、大きな面積を使うなんて、今の本屋さんにはできないからです。

 

「アイデアの作り方」の著者でもあるジェームズ・W・ヤングが言っています

アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない

既存の要素がある方はいいかもしれませんが、「その既存の要素を探すアイデアだって欲しい」という方も多いでしょう。

今日お話ししたのは、まさに組み合わせるための要素を探す方法でもあります。

今度本屋さんに行くときには、ぜひとも「本」だけではなく「棚」も気にかけてくださいね。

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です