「高い」という理由で選ばれないのに、金額を変えず「安い」という理由で選ばれる方法

 

「お茶してから、ちょっと早い夕ご飯ならありだよね」

 

これは、今日表参道で聞いた会話の一部です。(決して盗み聞きではありません)

 

状況を説明します。

  • 時間は14時半頃です。
  • 会話の主は女性の2人組。
  • 場所は表参道の1件の飲食店前。
  • 表に出ているメニューはランチ(内容は1280円〜)

これだけ見させられても、「何の話?」と感じていることでしょう。ですが、

 

今日のお話は非常に重要です。

 

なぜなら、もしあなたが

  • 商品やサービスを売るのが難しい
  • 金額を安くしないと売れない
  • 競合が強くて勝てそうにない

と悩んでいるなら、その解決策の1つになるからです。

 

まずは、この会話が気になった理由

僕が歩いてる中で、なぜ「お茶してから、ちょっと早い夕ご飯ならありだよね」に引っかかったのかわかりますか?

それは、「夕ご飯」という言葉が出るには、あまりにも早い時間だったからです。

 

恐らく、その女性2人組はちょっと遅めのランチをしようとしていたはずです。

なぜなら、そのお店の外にはランチメニューしかありませんでした。

そして、珍しくはないですが、ランチメニューを注文出来るのが16時半までと遅くまで頼めます。

 

つまり、この2人組は

  • ランチで1280円は高い
  • ディナー(夕ご飯)で1280円は出せる

という判断をしての会話だったということがわかります。

 

人は項目(カテゴリー)ごとに出せる金額は決めている

人はそれぞれの項目ごとに、いくらまで出せるかの金額を決めています。

例えば、今回の女性もおそらく近いと思いますが、

《ランチは1000円以内》

と決めている方はけっこう多いのではないでしょうか?

 

もちろん、実際にはもっと細かく別れています(意識していなくても

例えば

  • おにぎりは1個150円まで(160円は高い!と感じる)
  • ラーメンは800円まで(1000円なんて考えられない)
  • 500ミリリットルのペットボトルは140円まで(コンビニでは買いたくない)

きりがないですが、金額はそれぞれ違っていても、あなたも感覚的にあるはずです。

 

もちろん、食べ物だけではありません。

  • マッサージには5000円まで
  • 化粧品は月に1万円
  • コートは5万円、シャツは1万円
  • アンチエイジングには月に3万円

などなど、その金額を越すと買わないという目安は必ずあります。

 

金額が決まっている方に対して、それ以上を出してもらうのは非常に困難です。

 

もちろんそれも可能ですが、どうせなら簡単なことからやるべきですよね?

 

では、「難しいから諦める」という方以外が何を考えるべきかというと

  1. 金額を多く出す方をターゲットにする
  2. 項目を変える

です。

で、ほとんどの方が考えるのは、①の「金額を多く出す方をターゲットにする」ということになります。

それ以上に、値下げする方のほうがはるかに多いですが。。

 

ですが、今回お話するのは②の「項目を変える」のほうです。

 

項目を変えれば値下げではなく値上げもできる

例えば、先ほどの女性2人組は、自分たちで勝手に項目を変えることで納得していました。

ランチという項目では高くて出せない

ディナー(夕ご飯)という項目なら高くないので出せる

 

それを、偶然に頼るのではなく、あなたがコントロールするということです。

 

例えば、500ミリリットルのペットボトルに140円しか出せない人が、倍以上の値段の「水」を簡単に買うことがあります。

なぜなら、ただの「飲料水」という項目として買っているのではなく、「健康」「美容」「ダイエット」などの項目として認識しているからです。

 

あるいは、雑貨や小物などはわかりやすいのではないでしょうか。

 

例えば「卓上カレンダー」でも金額が全く違いますよね?

もちろんオシャレだから、かわいいから、という理由で金額が上がっていますが、そもそも選んでいる項目が違うからなのです。

「卓上カレンダー」という項目であれば、機能があれば良いとなるので、300円までしか出さないかもしれません。

ですが、「インテリア」という項目で認識させることができれば、同じ人でも1000円まで出すことになるかもしれないのです。

 

つまり、「オシャレだから」「かわいいから」というのは、あくまでも項目が変わったから起こる意識なのです。

ただ「卓上カレンダー」という項目で選んでいれば、「オシャレだから」「かわいいから」という意識すらなく選ばれてしまうのです。

 

あなたの商品やサービスはどんな項目でしょうか?

そして、そのままいきますか?それとも変えられないか考えてみますか?

 

まとめ

「高い」という理由で選ばれない商品やサービスをそのままに、「安い」「高くない」と感じて購入してもらうためのお話でした。

 

項目を変えるというお話をしましたが、もちろん、商品やサービスはそのままに「複数の項目で展開」することも可能です。

 

お客様の頭の中に、あなたの商品やサービスはどんな「項目」になっているのでしょうか。

 

よく、ビジネス書などは小説よりも高い本がたくさんあります。

確かに「本」としては高いと感じるかもしれませんが、「知識」「ノウハウ」「スキル」「お金につながる」という項目(カテゴリー)で考えると、高いと感じない人が購入するわけです。

 

そして、このような場合は何かと比べていることがよくあります(長くなってしまうので、詳しくはまた別の機会にしますが)

例えば「セミナー」と比べているかもしれません。

つまり、本だけど本以外と比べているということです。

 

そしてもう1つ。

「ブログが書けない」「ネタがない」という方は非常に多いですが、常に意識をしていれば、きっかけはたくさんあります。

僕の今日の記事も、女性が発したたった一言から書いています。

あなたも欲しい情報があれば、意識しているかどうかだけで大きく変わります。

動画でお話しています。2倍速で良いので是非!

【動画】「カラーバス効果」新アイデアを考える時の簡単利用法

2017.02.05

 

さいごに、

大川
LINE@の登録者プレゼント「広告費を一切使わず今ある商品で3倍利益を出す方法」で、ただの石ころで6億円以上売上げた話が出てきます。「コンセプト」の話としてお伝えしていますが、今回の話に通じる点でもありますので、これを機会に読んでみて下さいね!



★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です