パソコンが壊れても諦めない!HDDからデータを取り出す方法

大川
パソコンが壊れたので、今日HDDからデータを取り出しました。もしもの時のために、あなたにもやり方をお話したいとおもいます!

 

パソコンが壊れる時は突然きます。

僕の事務所で使っているパソコンも先週壊れました。。画面が全く映りません。

「そんなわけないよね」

と、本当はわかっているのに、現実逃避をして何度も何度も電源をつけたり消したり。

何日か置けば直るかも!という期待もむなしく…今日になっても変わらなかったので、諦めてHDDのデータだけ取り出すことにしました。

 

初めてでしたが、非常に簡単なので手順を載せておきます。

今回の方法は、HDDが破損していないことが前提条件となります 

壊れたパソコンからHDDのデータを取り出すための手順

本当に難しいことはなく、手順はたったの4つです。

  1. HDDからデータを取り出すためのケーブルを準備(購入)する
  2. 壊れたパソコンからHDDを取り出す
  3. ケーブルでHDDとデータを移行するパソコンをつなぐ
  4. 壊れたパソコンのHDDデータを取り出し、移行するパソコンへコピーする

 

ちなみに、事務所のパソコンの用途は2つしかありません。

  • イラストレーターやフォトショップが事務所のWindowsパソコンにしか入っていない
  • 2つあるプリンター(↓の写真のプリンター2つとも)が「MacBook Air」から印刷できない

 

なので、Adobe製品を使う時と、印刷する時だけ使っていました。必要なデータはDropboxにバックアップを取っていましたのでそこまで焦ることはなかったのですが、イラストレーターのデータを念のため取っておこうと思ったので、今回のデータサルベージ作戦を決行しました。

 

手順①HDDからデータを取り出すためのケーブルを準備(購入)する

今回使った壊れたパソコンからHDDデータを取り出したケーブル

今回、僕が壊れたパソコンからHDDのデータを取り出すために使ったツールはこちらです。

値段も安く、Amazonで1326円でした。そして何より使いやすい!

 

ちなみに、、HDDは2種類に分かれています。

  • IDEハードディスク
  •  SATAハードディスク

パソコンによって違いますので、必ず調べてから購入して下さいね。 

 

手順②壊れたパソコンからHDDを取り出す

壊れたパソコンからHDDを取り出すには、まずパソコンを開けることになります。

ここはパソコンによりますので、マニュアル等があれば見ながらやりましょう。もしなくても、そこまで難しいことはありません。ドライバーがあれば可能なことがほとんどです。

僕も5ヶ所のネジを外しただけで開けました。

↓中はこんな感じ

 

そして、HDDを取り出すにも、ネジを1ヶ所外しただけです。

HDDは衝撃に弱いので、無理やり引っ張ってどこかにぶつけないようにしましょうね!せっかく無事だったデータが壊れてしまいます^^ 

無事HDDを取り出せたので、次はケーブルをつなぎます。

 

ケーブルでHDDとデータを移行するパソコンをつなぐ

つなぐケーブルは2本だけなので、迷うことはないです。

↓HDDに2本のケーブルをつないだ状態(「コード伸ばして撮れ!!」は言わないで下さい。。)

 

『USB端子』をデータ移行するパソコンにつなぎ、『電源ケーブル』はコンセントは普通に刺します。

ここまで進んだら、スイッチがついてるので、スイッチをオン

↓スイッチをオンにすると、ライトがつきます。(「ONとOFFが逆だろ!ちょっと考えろ!!」も言わないで下さい。。)

 

スイッチをオンにしたら、HDDが壊れていなければブーンという音がします。これはHDDの回転が始まった証拠なので、とりあえず音が聞こえたら少し『ホッ』とすることができます。

ここで動かなければ、HDD自体が壊れている可能性があります。

もしくは、ただスイッチをオンにしてないだけの可能性があります。僕のように… 

 

壊れたパソコンのHDDデータを取り出し、移行するパソコンへコピーする

データを移行するパソコンにHDDをつなぐと、外付けのHDDとして認識されます。

今回の僕の場合は、OS(F:)として認識されました。

あとは、この中の必要なデータを移行するだけです。

 

データを移行しようとして、フォルダをクリックすると下記のような画面が出る時があります。

自分のユーザー名のフォルダを開こうとすると間違いなく出るはずですが、『続行』を押して大丈夫です。

『続行』を押したらアクセス出来るようになります。

大川
データ量によりますが、アクセス出来るようになるまで思った以上に時間がかかることがあります。なので、時間に余裕がある時にやりましょう!僕は1時間以上かかりました。。

 

この方法で、無事壊れたパソコンからデータを取り出すことが出来ました!

時間にして1時間半くらいです。1時間は待ってただけですが。。

 

もしものためにバックアップを取っておこう

もしもの時のために、今回のような方法を知っておくことは大事です。

ですが、本当に大切なことは、【日頃からバックアップをちゃんと取っておく】ということです。

 

パソコンは日々消耗しています。

どうしても、パソコンに入れておけば「大丈夫」という意識がありますが、今回の僕のようにいつ何が起こるかわかりません。

なので最後にバックアップについてお話します。

外付けHDDやオンラインストレージを使ってバックアップ

データを保存する場所のことを『ストレージ』と言います。

バックアップとしてイメージがつきやすいのは、外付けのHDDでしょう。

保存出来る容量が多いのと、USBケーブルなどで簡単にデータの保存も取り出しも出来ます。

 

外付けHDD以外にも、DVDやUSBメモリーなどもストレージです。

特徴としては、使うのが簡単で便利ですが、故障する可能性があります。

なので、これら『物』としてのストレージと同様に、『オンラインストレージ』を使うようにしましょう。

 

オンラインストレージでバックアップ

オンラインストレージとは

クラウドストレージとも呼ばれ、ファイル保管用のディスクスペースをインターネット上でユーザーに貸し出すサービスです。オンラインストレージにファイルをアップロードすることでインターネット上にファイルを保存することができます。

引用元:NTT東日本

 

もしかしたら『クラウドサービス』という名称のほうが聞き慣れているかもしれません。

インターネット上に保存されているため、あなたのパソコンに置いておかなくてもインターネットさえつながっていれば、世界中どこにいても、保存したデータを見ることが出来ます。

 

無料で使えるサービスもたくさんあります。

無料だと、保存出来る容量が少ないなどのデメリットはありますが、まずは無料で始めてみてください。

 

あなたもスマホでは、知らず知らずに使っているということもあるでしょう。

iCloudGoogle ドライブなどは使っている方も多いと思います。

他にも

Dropboxなどは僕もバックアップに使っているのでオススメです。

 

もちろんハッキングされるかもしれないなどの危険性もあります。

 

あなたの使い方や、データの重要性に合わせた使い方をするようにしてみてくださいね。

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です