流行りを使った集客方法で、短期的に売上をアップする方法

ドラゴンクエストウォークにはまってます(ほんの少し)

僕はゲームアプリにはまることはないのですが、ドラクエと聞いたらやるしかありません。

といっても、課金(無料だけではなくお金を使って遊ぶ)してまで遊ぶようなことはないのですが。。

 

さて、このドラゴンクエストウォークですが、すでに500万ダウンロードを超えています。

すごいですよね!

まさに流行っていると言えるでしょう。

 

そこで今回は、ドラゴンクエストウォークなど流行りのもの、あるいはその時期だけのものを使った集客方法についてお話しします。

 

大川
ドラゴンクエストウォークを知らないとわからない話ではないので、安心して読んでくださいね!

 

自分のお店の近くにメガモンスターが現れるなら伝えるべき

ドラゴンクエストウォークには、メガモンスターと呼ばれる敵が定期的にマップ上に現れます。

その敵を倒すと、アイテムや強さを強化する「こころ」と呼ばれるものが手に入ります。

ただ、いつどこに現れるかがわかっているわけではありません。

どうやってわかるかというと

「メガモンスター」の出現場所とバトル開始までの時間はマップで確認可能です。

出現する2時間前から出現場所が確認でき、10分前になるとどのモンスターが出現するかわかります。

となっています。

 

ここでのポイントは、2時間前にメガモンスターが出現することがわかる、という点です。

 

つまり、

自分のお店などお客さんが来て欲しい場所に出現するとわかれば、それをSNSなどで発信するべきなのです。

 

仮にカフェだとすれば、その近くで時間をつぶしたい人で、しかもドラゴンクエストウォークをやっている人であれば、けっこうな割合で使う人はいるでしょう。

美容室などでもいいかもしれませんね!

 

わざわざドラゴンクエストウォークのために途中下車する人もいる

このメガモンスターと戦うために、わざわざ電車を途中下車する人はたくさんいます。

あなたもこのゲームをやっていたらわかると思いますが、駅に現れた時には、明らかに戦ってる人が見ていてわかるからです。

そして、その人たちは戦いを終えるとまた電車に乗って移動していきます。

 

あるいは、一駅前で降りて歩いて帰る人もいます。

つまり、そのくらい影響力があるということ。

 

実際、メガモンスターの出現情報はTwitterでも発信されています。

ですが、あくまでもユーザー間での情報共有です。

もったいない。。

 

なので、あなたが仮にドラゴンクエストウォークに全く興味がなかったとしても、

集客のために始める

という考え方は、とても素晴らしいです。

 

今後さらに滅多に現れないメガモンスターが出てくるはずです。

そのモンスターがあなたのお店の近くに出現するとわかったら、しかもたった2時間で集客力を上げることができるとしたら、やってみてもいいと思いませんか?

 

今の時期だけしか手に入らないものをプレゼントにする(条件付きで)

さて、せっかくなのでもう1つ。

その時期にしか手に入らないものをプレゼントにして、集客、もっと言えば客単価を上げる方法についてです。

 

これも僕の話ですが、クライマックスシリーズ(プロ野球の試合です)のチケットに応募したのですが、全部外れました。

当然ですが、けっこうな倍率ですし、転売目的の人もいまだに多くいます。

 

さて、それを踏まえて…

 

人気のある商品、今回のようなスポーツのチケットなどは欲しい人がたくさんいることがわかっています。

そしてそれは手に入らない人が多いことも意味していますよね?

 

そういった商品を、プレゼントとして企画してしまうのです。

 

このように言うと、チケット代を損すると考えてしまう人もいますが、そういった心配があるなら、損をしないやり方をやれば大丈夫です。

例えば、プレゼントにするチケット代に2万円かかったとしましょう。

通常の平均客単価は2000円だとします。

この場合、2000円で10人増えたら2万円になると考えるのではなく、3000円以上使った方限定で抽選とかにしてしまいましょう。

そうすれば、平均客単価よりも1000円高いので、20人増えたらそれだけでチケット代もペイされた上に、通常の売上もしっかりたてることが出来ます。

 

さらに客単価をあげることも簡単

客単価というのは、そのお店で1人あたりの使う金額です。

となると、客単価を3倍、5倍にすることは、通常ではなかなか難しいといえます。

ですが、それは何と比べるかによって変わるのです。

 

例えば今回のケースで考えてみましょう。

欲しかったチケットが目的になっている、ということです。

この場合、チケットが目的の人にとっては、チケット代が目安となります。

つまり、そのお店の客単価は関係のないお客さんです。

 

元々買おうと思っていたチケット代は、外れたので1円も使っていません。

それが仮に1万円だとしたら、1万円が基準になります。

そこまでは出してでもチケットが欲しい!となるということ。

 

しかも、実際にはサービスや商品も手に入れたうえでの話なので、よりお金を使ってもらいやすいですし、お金を使う理由(いいわけ)もしっかりと成り立っています。

これは非常に大切なポイントです。

何と比べるか、という点をしっかりと理解した上で、応募条件を考えましょう。

 

まとめ

今回は流行りのものを使って集客する、売上をアップさせるための方法についてお話ししました。

 

この記事でお伝えしたことは、どんなことにも流用できます。

実際、流行りのことに限った話ではありません。

 

ただ、大切なことは

「伝える」

ということ。

 

せっかく面白いことをやっていたり、珍しいサービスがあったとしても、誰にも言わなければわかりません。

特にドラゴンクエストウォークの話は最大で2時間の勝負です。

それを伝えるか伝えないかで、売上アップの機会を逃してしまいます。

 

そして、最も大切なことは、これを一時の売上で終わらせないことです。

 

このようなサービスをきっかけとして来てくれた新規のお客さんを、次につなげることができるかが本当の勝負です。

「たった2時間で、いつもなら暇な時間に売上が上がって良かった」

で終わることがないようにしましょうね!

大川

 




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です