ビジネスに大切なことは『素直さ』だと改めて痛感した話

「そんな簡単なことなら、わかればうちらで出来そうだな」

 

これは今日、ご紹介を受けてお会いした社長さんのお言葉。

ご紹介者さんから、「忙しいわりには利益が残らないので相談にのってあげてほしい」と言われたので、その会社の社長さんと、営業部長兼販売促進担当の方とお会いしました。

(嫌な予感というか、最初からちょっと気になることもあったので、やれることだけやって失礼しようとは思っていましたが、、)

 

ビジネスに大切なことは『素直さ』だなーと、改めて感じたので、その話をシェアしたいと思います。

 

簡単にできること=意味がないと思っている?

今回に限らず、僕がお話する時に心がけていることは、法人であろうと個人であろうと同じです。

  • できるだけ簡単に
  • 可能なかぎりお金はかけない
  • 実働が伴う場合は、可能なかぎりシンプルに 

必ずこの3つを心がけています。

なぜなら

  • リソース(特に人)が限られている
  • 使う費用は抑えたい
  • 複雑なことはやりたくない

これが、相談する側の気持ちだからです。これは、儲かっていようが儲かっていなかろうが同じです。

 もし、「お金は余ってるからどんどん使って良い」ということであれば、広告をガンガン回せば良いので、僕のビジネスパートナーを紹介して終わる話です。色々情報は持っていますが、僕は広告を使ってないので、実際に使っている人に任せてしまおうという考えです。

その方が成果が早いので。

 

で、話を今回の面談に戻します。

短い面談ではありましたが、その中で、当然ですが問題点がいくつか出てきました。ですが、あれもこれもは出来るわけがないので、一番効果が早いであろうポイントを1つだけに絞り、その方法についてお話しました。

そこで出てきたのが冒頭にあった言葉です。

 

「そんな簡単なことならわかればうちらで出来そうだな」

 

僕がここで言いたいことは2つあります。

1つは、あなたに向けてです。

もう1つは、僕と同じコンサルタントの方に向けてのお話です。

 

まずはあなたに向けて

アドバイスでも何でもそうですが、人から話を聞く時に一番大切なことって何だと思いますか?

僕は【素直に聞くこと】だと思っています。

 

つまり、それはビジネスそのものにも言えることだと思っています。

 

よく初回面談の中で

  • 何か聞いた事ある
  • どこかで見た事ある
  • どうせそれは意味がないし 

などなど、あげたらキリがないですが、このようにおっしゃる方がいます。

 

今でこそ「もったいないなー」としか思いませんが、以前は「本当にこの問題を解決する気あるのか!?」とイラっとした時もありました。

 

今回の社長さんも、

  • うちの業界では通用しない
  • うちの業界ではやれない
  • うちの業界には合わない 

という言葉をしきりに使っていました。

その社長さんは自分のやり方以外は認めないので、同じ意見の人がいたらすごくかわいがる方。でもそれで経営はもちろん、社内の方たちとの関係が厳しい状態になっている。でも変わろうとはしないので、その懐柔役として僕が指名されたようです。 

by紹介者さんへの報告時にもらった情報より

ってそれ、先に言うべきですけど^^;

 

素直な気持ちで聞き、素直に行動することで大きく道は開けます。

これは間違いないです。

 

もちろん正しいやり方や正しい知識(情報)は必要です。

ですが、この素直に聞き、素直に行動するということがあってこそです。

 

たまたま今週に「お試しコンサル」でお話した方が凄く素直な受け止め方をする方だったので、余計にギャップを感じてしまったのもあると思います。

素直に受け止め、素直に関心し、素直に今までの反省点を出していました。

大人になると素直って難しい部分があります。ですが、だからこそ素敵だと思いませんか?

 

コンサルタントという仕事柄、年齢とかで判断する人もいますが、凄いなーって思う方こそ、年下に対しても凄く丁寧な接し方をします。まー、それを含めて凄いなと思っているわけですけどね。

 

大川

では次にもう1つのお話です。あなたがコンサルタントであれば是非読んでください。

コンサルタントではなくても、もちろん読んでくれると嬉しいですし、起業前や起業したばかりの方には特に知っておいて欲しいこともお話します。

 

あなたがコンサルタントなら、この現状を知っておいた方がいい

僕が何を言いたいかというと、コンサルタントの仕事についてです。

今回の社長さんのように、大きな勘違いをしている方がいます。

 

先ほどの発言からわかるのは、

「わかればうちれでやれそう、だからコンサルタントはいらないよ」つまり、

コンサルタントの仕事は実働部隊だと思っている

ということです。

実働が駄目というわけではありません。あなたがやろうと思っている部分は全く問題ないですが、あなたの思っている実働以外の部分で思われてはいけないということです。 

 

今回で言えば、大切な事は『わかれば』の方です。

 

『わからない』『知らない』から現状があるわけです。

 

コンサルタントはあくまでもサポートであり裏方です。

実働、つまり、やるかやらないかはクライアントさん次第です。

 

ですが、実際問題として、コンサルタントに対するこのようなイメージを持っている方はたくさんいます。

 

もし、あなたが実働部隊と思われたら嫌だと思うなら、普段の発言から気をつけておくようにしてください。

 

今回はご紹介(狙いがあっての笑)ということでしたが、実際にブログ経由でご連絡いただいた方は、この社長さんのような意識を持っている方は全くいません。

つまり、そういう風に思われることはないようにしているからです。

 

あなたもどう思われるかはもちろんですが、どう思われたら嫌だという点については、しっかりと決めておいたほうが良いです。

つまりそれは、

 

どんなお客様には来て欲しくないということを決めておく、という意味でもあります。

 

僕はいわゆるペルソナ(理想のお客様)を決めるよりも、こっちの来て欲しくないお客様を決めるほうが大切だと思っています。

なぜなら、理想のお客様は変わりますが、来て欲しくないお客様は基本的に変わらないからです。

 

お客様は変わります。なので僕はターゲットの選定は最初は大雑把にしようと言っています。

 ↓こちらの記事でもターゲットとペルソナの話をしているので、合わせてお読みください。

ターゲットは絞るべきでは?ペルソナは必要でしょ?に回答します

2017.08.12

 

どんな細かいことでも良いので、来て欲しくないお客様は決めておくことをオススメします。

 

まとめ

ビジネスに大切なことは『素直さ』だと改めて痛感した話と、コンサルタントの方、特にこれから起業したい方に知っておいて欲しいお話でした。

 

ビジネスに限らず、本当に『素直さ』って大切ですよね。

大切でもありますが、素直さがないというのはもったいないですよね。

凄く『損』している気がします。

 

あなたにとって『素直さ』は当たり前のことだと思うかもしれませんが、時に忘れてしまうこともあります。

もしくは素直に聞けない時があるのも当然です。

 

「素直に聞けてないなー」って時に、今日のお話が思い出すきっかけになったら嬉しいです。

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です