キーワードの選び方と学ぶための本の選び方に共通するのは「非直接」

今日は10代の学生さんからご相談を受けていました。

ご自身で起業ではなく、実家の事業を何とかお手伝いしたいとの相談です。

学生ということ、実家を想う気持ちに胸を打たれ、気づいたら3時間も話していました^^;

 

そこで出た質問の1つに

「どんな勉強をしたらいいか?」という質問がありました。

 

相談者さんはもちろん、きっとあなたもたくさん勉強していると思います。

ということで、あなたにも勉強の仕方(本の選び方)をお伝えするのと同時に、ブログで集客したい方は必須の『キーワードの選び方』との共通点もお話します。

キーワードの選び方あるある

ブログはもちろん、ホームページなどから集客したいと考えた時に、絶対に忘れてはいけないのが「キーワード」をしっかり選ぶことです。

キーワードをしっかりと選ばなければ、どんなに良い記事を書いたとしても、検索する方から見られることはないからです。(リンクを貼るとかは別ですよ)

 

今まで法人、個人問わず、ブログやホームページで「SEO対策をしている」、「キーワードをちゃんと選んでいる」、という方の話を聞くと、ほとんどが直接的なキーワードだけです。

もちろん、それで勝てればいいですが、当然ライバルが多かったり、大企業がお金をかけて勝ちにいっているキーワードに、正面から戦いを挑んでしまっていることがほとんどです。

そもそも勝ちやすいか、勝つことは難しいかすら、ほとんどの方は調べてもいませんが… 

 

話を戻します。直接的なキーワードについてです。

 

例えば、美容室を経営していたとしたら「美容室 + ◯◯」というキーワード。

◯◯に多いのは、店舗型だと「地域」がわかりやすいかもしれません。

ちなみに、昔は大きなキーワードだった地域も、最近では以前ほどの力はなくなってきています。話が飛ぶのでまた別の機会にしますが、特に店舗など地域性のあるビジネスをしている方は要注意です。

こういったキーワードは、当然どこの美容室も考えますよね?

なので、ライバルも多く、当然強い力を持った大企業も勝つためにお金を惜しまず戦います。

 

「なかなか自分のブログやホームページが検索上位に出てこない」という方の多くがこの段階で止まってしまっています。

 

勉強に必要な本の選び方

さて、続いて本の選び方。

先ほどのキーワードの選び方同様、あなたのビジネスに直結した本を選ぶことが多いはずです。

それは「ノウハウ」や「すぐに使えそう」なやり方を求めているため、当然のことです。

 

例えば、コピーライターの方が、コピーライティングについて学びたいとなった時、本屋さんで探す本のジャンルは「ビジネス書の中のコピーライティング」がほとんどです。

  • 勉強になる本
  • 名著と言われる本
  • これは最初に読んでおいた方が良いと言われている本

など、色々あります。特に勉強し始めは必ず必要です。

 

でも、それだけだと皆同じ情報ですよね?

もちろん捉え方、1冊の本から得られる知識量は一人一人違います。

そこはもちろん違うのですが、もっと視野を広げてみてはいかがでしょうか?

 

ここまでコピーライティングの話をしているので、コピーライターの場合で話を続けます。

僕は、ある程度コピーライティングを学んでいるのであれば、小説をたくさん読んだ方が良いと思います。なぜなら、

 

例え方、表現の仕方、描写などなど、実際に書く時に使うかは置いておいても、得られることがたくさんあるからです。

 

同じジャンル、同じ業界での情報には限界があります。

多くのライバルが知っている可能性もあります。

ということは、やり方もかたよるということです。

 

例えば、先ほどの美容室の方が集客に困っていたとしたら、

  1. 美容室の集客に関する本
  2. 店舗型ビジネスの集客に関する本
  3. 店舗型ではない集客に関する本
  4. WEB集客の本

といった順番で読んでみてはいかがでしょうか。

他にも、漫画や雑誌だって非常に役に立ちます。

 

あなたの固定概念が、勉強の幅にも影響します。

あなたの固定概念が、集客できるお客様の数やタイプにも影響します。

 

直接的な勉強は確かに即効性があるかもしれません。

ですが、現状から打破したいのであれば、今までとはちょっと違った学びも取り入れてみて下さい。

 

直接的ではないキーワードの選び方

キーワードの選び方にもたくさん方法があります。

まず分かれるのが

  • 直接的なキーワード
  • 間接的なキーワード

 

そして、間接的なキーワードの中には

  • ターゲット合わせ
  • 悩み合わせ
  • 更に間接的キーワード

などなど色々あります。

 

例えば僕がGoogleで検索順位が1位になっているキーワードの中でも

「動画 自己紹介」

などは、完全にターゲット合わせです。

 

悩み合わせで言えば

「利益アップ 方法」

「お客様目線」

などがそうです。

 

直接的なキーワードは時間がかかります。

なので、途中で諦めてしまう方がほとんどです。

だからこそ、ちゃんとやれば勝てるんですけどね! 

 

あなたが本当に勝ちたいキーワードは、ちょっと遠回りして勝つことも考えてみて下さい。

 

まとめ

キーワードと勉強のための本の選び方についてのお話でした。

どちらも「直接」を避けることが成果に繋がりやすいということが言えます。

直接的なことは、誰でも思いつきます。誰でも学ぼうとします。

 

これは、大きなリソース(お金や時間や力など)を持っている人や企業が優位になるやり方です。

“ひとりビジネス”をしていたり、小規模企業の経営者の方には、直接だけで勝つのは大変です。

 

僕らは僕らの戦い方があります。
僕らは僕らの戦い方で勝ちましょうね!!

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です