人は買い物が好きだけど売られるのは嫌い!なら買いたくなるには??

あなたは買い物が好きですか?

僕は大好きです^^

多くの人は買い物が好きなのに、買いたくなくなるときがあります。

それが「売られる」ときです。

結果は同じ「買う」なのに、全然ちがいますよね。

 

つまり、僕がよく言っている「売り込まない」ということは絶対ですが、それと同じくらい大切なことが「買いたい」と自ら思ってもらうことです。

ようは、いかにして購買意欲を高めるかということですね。

大川
購買意欲!とか聞くと難しそうですが、今日の話はサラッと読む内容ですよ!

 

きっと、あなたが今まで買い物をしてきた中でも「どうしても買いたい!」と思ったときもあれば、「何となく」程度のときもあったはずです。

「今すぐ欲しい」と思ったこともあれば、「今度でいいや」と思ったこともあるでしょう。

 

どんなときに「どうしても買いたい!」「今すぐ欲しい」となったか覚えていますか?

 

ちょっと気になる⇒ない⇒めちゃくちゃ欲しい!!

僕がその日に必ず買ってしまうパターンが、まさにこのタイトルのようなときです。

よくあるのが「靴」です。

 

例えば、ちょっと気になる靴を見つけたとします。

どうしても欲しいほどではない、でもまーちょっと欲しいなという程度。

軽い気持ちで試着しようとすると、ちょうど自分の欲しいサイズがありません。

仮にその靴では26センチがぴったりだとしましょう。

仕方なく25.5を履くけどちょっと痛い。26.5だと中敷きいれたら大丈夫かもしれないな…という感じ。

で、色違いで試した26センチはピッタリ。

だけどそのお店に欲しい色の26センチはありません。

 

どうしても今すぐ欲しい!ってなりませんか?

 

ちょっと気になる程度だったはずが、欲しくてたまらなくなっています。

僕だったら、行ける範囲の他のお店にあれば、そのまま買いに行っちゃいます。

近くにないなら、すぐにネットで買っちゃいます。

 

人はないと欲しくなる

僕は衝動買いをするタイプではないので、ちょっと気になるからすぐに買うということは滅多にありません。

先ほどの靴の場合、普通に26センチの靴があったら、恐らくその日は買わないです。

サイズがぴったりだと確認できれていれば、いつでも買えますしね。

 

ただ、「ない」となると話は別です。

欲しくて欲しくてたまらなくなります。

 

あなたにも参考にできそうな部分はないですか?

 

たくさんあると買わないけど、数が減っていると買う

次の例も僕の話です(笑)

たくさんあると買わないけど、数が減っていると買ってしまう。

きっとあなたも多少はあると思います。

 

「数が少ないと買うってことは、希少性を使えってこと?」

って思った勉強熱心な方もいるかもしれませんが、ちょっと違います。

希少性とは

経済学で、人々の必要性を十分に満たすだけの財・サービスが不足している状態。

引用:大辞林

ここでお話することは、希少性などは関係なく欲しくなる時です。

 

例えば、スーパーに買い物に行ったとしましょう。

棚の目立つ場所に、新発売のチョコレートが山積みになっています。

「へー新しいチョコレートかー」

くらいにしか思いませんでした。

 

ただ、1周してまたその棚の前を通ったら、棚がスカスカになってます。

それを見て、もともとは欲しくなかったのに、ついつい1個買ってしまったとさ。。。

 

ありませんか?

 

商品は同じです。希少性があるわけでもありません。

ただ、「あれだけあったのに、もうこんなに少なくなってる」という状況を見たことで、急にそのチョコレートに興味をそそられたわけですね。

 

これも、使えそうじゃないですか?

 

まとめ

今日お話ししたことを、そのまま使おうと思うと

「私が提供しているのはサービスだから、販売してる商品なんてないし」

「商品はあるけど、数が多い商品じゃないから」

といった思考になってしまいます。

 

あくまでも「参考」にすることです。

そのまま使いましょう!ということではありません。

 

あなたも

「そこまで欲しかったわけじゃないけど買っちゃった」

という経験はあるはずです。

 

ただ、その理由を考えたことはないのではないでしょうか?

 

ただの消費者としてならいいですが、

提供する側であれば、すべてにある「理由」を考えるべきです。

 

どのような業種であろうと、ビジネスを仕掛ける側である以上、数多くの「理由」を知ることは全て武器になります。

 

武器が多ければ戦いは有利ですよね?

丸腰で手ぶらよりも強くなりますよね?

 

今回のお話にかぎらずですが、

自分にあてはめることはもちろん、今すぐではなく、この先使えるための準備として意識しておくことも大切です。

 

ただ、今回のお話で何が一番重要かというと

人は買い物が大好き

ということです。

つまり、人はお金を使いたいということです。

 

このことは大前提として覚えておいてくださいね。

でも売り込まれるのは大嫌いですよ!

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です