値引き交渉の断り方を伝授!ただ、値引き交渉されることはメリットもあるよ!

今日は、顧問先の社長さんからあった質問

「必ず営業が値引き交渉をされるけど、どうやって断ったら正解なのか?」

についてお話ししたいと思います。

 

値引き交渉は、決して法人だけではなく、個人でビジネスをしていてもよくある話です。

何が正解というとちょっと誤解を招くので、オススメの断り方としてお話ししますね!

 

大川
今日はサクッとお伝えします!2分あれば読めますよ^^

「高い」は何と比べて高い?

値引き交渉をしている方というのは、実は「高い」と思っていなかったり、何となくで交渉していることがよくあります。

そのため、値引き交渉をしてくる方に対しては、

「何と比べて高いと感じますか?」

と聞いてみてください。

 

けっこうな割合で、本気で高いと思っているわけではないことがあります。

 

なので

「何と比べて高いと感じますか?」

と聞くだけで、多くの場合は値引き交渉は終わります。

 

もちろん、中にはきちんとした比較をして「高い」と言っている人もいます。

これこそがメリットです!

なぜなら、その場合は情報を得ることができるので、何で勝負をするべきかがわかるからです。

 

比較されて「高い」と言われたらラッキー

「高い」と言っている理由が、はっきりとあなたの提供している商品やサービスと何かを比較しているのであれば、そことの「違い」を見せれば良いだけです。

これはわかりやすいですよね?

あなたを選ぶ理由を見せるということです。

 

ただ、多くの場合、実は比較されるべきではない商品やサービスと比べられていることがあります。

ここが非常に重要です。

なぜなら、

 

お客さんが何を購入するためのポイントとして重視しているかがわかるからです。

 

本来比較されるべきではない商品やサービスと比較されている場合

  • 目の前のお客さんへ、購入するためのポイントとしての自分の商品やサービスの優位性を伝えることができる
  • 今後の商品・サービスの改良(開発)につなげることができる(購入するためのポイントを商品に入れることができる)

という情報を得られます。

こういった情報は、普通の会話の中ではなかなか得られません。

そんな貴重な情報が、値段交渉されることによって知ることができるのです。

 

まとめ

普通に考えると、値引き交渉をされることは嫌ですよね?

ですが、今日お話ししたように、実はメリットもあるのです。

特に、あなたが商品やサービスをより良いものへと変えていきたいのであれば、「値引き交渉ありがとう」と言ってもいいくらいです。

 

「何と比べて高いと感じますか?」

という一言で、無駄な値引き交渉は排除し、実際に比較されているなら貴重な情報が手に入る。

値引き交渉をされるというのも、悪いことではない気がしてきませんか?

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です