「誰のため?」「目的は何?」そこが一致してないのに真似するのは危険

やばい、今月は1記事しか書いていない・・・

というわけで、「今日は書こう!」と決めて書いています。

 

ただ、記事は増えていませんが、5月のお試しコンサルへのお申込みは、ゴールデンウィークが終わってから9件来てます。

いつも「ブログは資産」と言っていますが、こういうことなんです!

 

と言いながら、、、今日のお話は、

「僕の真似しちゃダメだよ!」

って内容です。

「誰のため?」「目的は何?」そこが一致してないのに真似しても効果は出ない

嬉しいことに、よく僕のブログを「真似させてもらいました!」って言ってくれる方がいます。

真似されるのを嫌がる人もいますが、僕は光栄なことだと思ってます。

 

ただ、心配もあるんです。

つまり、

本当に真似して大丈夫?

ということ。

 

真似をするにもルールがあります。

 

  • 誰に対してなのか?
  • 目的は何なのか?

 

こういったことが明確になっていないと、誰かを真似しても効果は薄いのです。

逆に、ここが完全に一致していれば、効果は出やすいとも言えます。

注意
ここで言う真似とは、パクるとは違いますからね!例えばブログ記事の場合、内容をパクるのは絶対にダメです。構成や流れ、書き方などを真似するってことですよ。

 

SEO対策をする記事としない記事

例えば、あなたのブログにアクセスをめちゃくちゃ集めたい!!って言うなら、絶対に僕のような書き出しをしてはいけません。

もちろん、中には完全にアクセスを意識した記事もあります。

ですが、そこまで多くはありません。

 

つまり僕のブログでは、

  • SEO対策にはレベルがあり、使い分けている
  • そもそもSEOを意識している記事とそうじゃない記事がはっきりしている
  • SEOをそこまで意識しなくても勝てる「キーワード」なら、軽めの対策でも上位にいる

というふうになっています。

 

いやいや、出来るなら可能な限りSEO対策した方がいいでしょ?

って思った方もいるかもしれません。

その疑問は当然です。アクセスが多いことは良いことですからね。

 

ではなぜやらないのか?

 

その回答は、「目的が違うから」です。

 

アクセスを何万も集めたいなんて思っていない

いつも言っていますが、僕は意味のないアクセスを集めたいなんて思っていません

アフィリエイトやアドセンスといった広告収入を得るのであれば、もちろんアクセス数が重要です。

ですが、僕のサイトには一切広告がありません。なぜなら、

 

広告があることが、このブログを読んでくれている方にとっては「邪魔」でしかない

 

と思っているからです。

 

つまり、全ては

  • 誰に対してなのか?
  • 目的は何なのか?

によって変わるということです。

 

真似することは悪いことではない

  • 誰を真似するのか?
  • 正しく真似しているのか?

 

大切なのはこの2つですが、残念ながらここを間違えてしまっている人が多いです。

 

真似することは悪いことではありません。

むしろ正しいと言えます。

ですが、間違った人を真似をしてしまったり、正しく真似できていなかったりしてしまうと、当然ですが上手くいくわけがありません。

 

間違った人を真似してしまうのも問題ですが、「なぜ正しく真似できないのか?」について、もう少し掘り下げてお話しします。

 

真似して失敗する理由は本当の意図がわかっていないから

真似することは悪くないのに、なぜ正しく真似できないのか?

その理由は、

勝手な想像で真似しているからです。

つまり、

 

その人がやっている本当の意図がわかっていないから

 

 

仮にブログであれば

  • なぜわざわざ関係のない話をするのか(その意図は?
  • なぜいつもと違っていきなり本題に入ったのか(その意図は?
  • 最後まで読ませたいはずなのに、何で途中で外部に飛ばそうとするのか(その意図は?

言い出したらきりがないですが、本当の意図がわからずに真似してしまうと、上手くいくどころか逆効果になってしまいます。

残念ながら独学で上手くいかない人は、大概ここが見えていないのです。

 

もちろん、みんながみんな、常に意図をもってやっているわけではありません。

適当にやっている部分と、意図してやっている部分の両方があります。

ということは、まずはそのどちらなのか?を理解する必要もあるということです。

 

(きっとここには◯◯という意図があるに違いない・・・)

 

なんて思ったとしても、実際は適当なだけだったということも有り得ますので^^;

 

まとめ

「誰のため?」「目的は何?」そこが一致してないのに真似するのは危険だというお話でした。

 

真似することは本当に悪いことではありません。

だからこそ、正しさが必要です。

じゃなければ、遠回りしてしまうことになってしまいます。

 

「その意図はなんなのか?」

 

この疑問を必ず投げかけてください。

 

大川
ちなみに、今日の記事は今までと明らかに違う点が1つあります。

  • さて、それは何でしょうか?
  • そして、そこに意図はあるでしょうか?

 




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です