サービスの差別化のために今すぐ簡単にできることとは?

「あなたのサービスと競合のサービスの違いはなんですか?」

「差別化を考えていますか?」

 

コンサルタントをつけたことがある方なら、こう質問されたことがある方も多いのではないでしょうか。

「差別化」って言うのは簡単ですが、思いつくのは大変ですよね?

最近ではUSPって言葉の方がよく聞くかもしれませんが、どちらも簡単には思いつきません。

USPとは

Unique Selling Propositionの略。日本では「他にはない独自の売り」と言われるマーケティング用語です。 

もしあなたが少しでも競合との差別化を出したいなら、今すぐやってほしいことがあります。

やり方は非常に簡単です。
使うのは頭だけです(それが一番難しい??)

ですが、お金もかかりませんし、時間もほとんどかかりませんので、是非お試しください。

やることは簡単。自分自身に1つ質問をするだけ

あなたが競合との差別化を出すために今すぐ出来ることは、非常に簡単です。

たった1つ、あなた自身に質問をするだけです。

その質問は

 

自分がお客さんだったら何をしてもらったら嬉しいか?

 

たったこれだけです。

 

あなたが言いたいことはわかってます。

「そんなのいつも考えてるよ!」ですよね?

でも本当に自分がお客さんとして、あなたのサービスを受ける気持ちになっていますか?

 

あなたのサービスのUSPを一番思いつかないのがあなた

実は、USPや競合との差別化というのは、サービスを提供しているあなたが一番思いつきません。

しかも長くその事業をやっていればいるほど思いつかないものです。

 

あなたは自分が提供しているサービスに自信がありますよね?
そのサービスや技術は素晴らしいものですよね?

 

間違いなくその通りだと思います。

なので思いつかないわけです。

 

みんな差別化をしたい

長く事業をやっているほど、

「自分がお客さんだったら何をしてもらったら嬉しいか?」

という点を本気で考える機会は少ないです。

「集客に困っている」「売上が上がらない」「利益が残らない」という相談をしていただく社長さんや個人事業主の方は、必ず他社との差別化をもっと出したいと言います。

ですが、この「自分がお客さんだったら何をしてもらったら嬉しいか?」についてはほとんどの方が考えていません(考えてると言う方がほとんどですが笑)

そして、「なんとかしなきゃ」という気持ちが強くなればなるほど、突拍子もないことをしてみたり、大胆に予算をつぎ込んでしまうケースも多いです。

 

そうなってしまう前に、まずは

自分がお客さんだったら何をしてもらったら嬉しいか?

を考えてみてください。

 

どうやって考える?

では具体的にどうやってやるか。

もし入ってあまり時間が経っていないアルバイトの方などがいるのであれば、是非そういった方達に聞いてください。

ただ恐らく僕と同じようにお一人でやられていたり、従業員さんがいても最近入ったばかりの方がいるケースは少ないと思います。

なので、是非やって欲しいことをお伝えします。

 

あなたのサービスをあなたが体験する

「無理だろ!!」

なんて言わないで下さい。僕は真面目にお話しています。

どういうことか?

 

例えば、あなたがリラクゼーションサロンを経営しているとします。

  • 実際にお客様の気持ちになって、ベッドに寝たことはありますか?
  • そこから見える視界を確認しましたか?
  • 音楽のボリュームは、普段立って施術している時と同じように聞こえますか?
  • どのタイミングでどんな飲み物が提供されたら嬉しいですか?
  • うつ伏せの時に、どんな言葉をかけられた安心しますか?

 

考えられることはたくさんありますよね?

  • 思ったより音楽がうるさく感じるかも
  • 目を開けた時、こんな絵が見えたら嬉しいな
  • 施術開始時と終わるタイミングで、同じ音楽じゃない方が変化をより感じるかも

などなど。

あなたの提供するサービスによって違いますし、正解があるわけではありません。

ですが、あなた自身が考え、体験し、お客様の気持ちとして気づいたのであれば、是非取り入れて下さい。

 

たくさん考える必要はない

みなさん真面目なので、たくさん考えてくれます。ですが、50個も100個も考える必要はありません。なぜなら

 

無理やり考えたとしたら、それはあなた自身が本当に嬉しいと思っていないからです

 

数でいえば、10個~20個で十分ですし、恐らく多くてもそれくらいしか出てこないと思います。もちろんそこまでいかなくても問題はありません。

 

では次に、何をやるかですが、それは

あなたが気づいた点に優先順位をつけてください。

「予算が必要」などの理由で出来ないことがあるかもしれません。現実的に難しいこともあるかもしれません。

ですが、そういったことは一旦置いておいて、実行したい優先順位をつけてください。

 

結局最後は実行です

あとは実行あるのみです。

先ほど並べた優先順位の高い方から順番に始めてみてください。

予算の都合や現実的ではなく、出来ないことにぶつかったら、ひとまず順番を飛ばしてください。

そしてその案は、余裕が出たらやるようにすれば良いだけです。

 

ですが、ほとんどのケースでその必要はありません。なぜなら、、

お金のかかることって少なくないですか?

実際に考えてみるとわかりますが、お金のかかることは少ないはずです。

恐らくあなたが本気でお客様の気持ちになっていたら

  • ちょっとした手間で簡単に付加価値として提供出来ること
  • ちょっとした手間や言い方で、自尊心をくすぐるようなこと
  • ちょっとした気配りで、素敵なお店だと感じてもらえるようなこと

こういった内容が多いはずです。

 

いかがですか?すぐに出来そうなことが多くないですか?

ちょっとの手間がかかったとしても、得られるものは大きそうではないですか?

なぜなら、あなたがお客様になった時、実際にされたら嬉しいことだからです。

嬉しいことをされたら、当たり前ですが嬉しいのです。

同じサービスを提供していたとしたら、嬉しいことをしてくれるあなたを選ぶのは必然ですよね?

 

まとめ

今回は差別化についてお話しました。

差別化やUSPはあった方が良いのは間違いありません。ですが、人気のあるお店が必ず他とは全く違うサービスを提供しているわけではありませんよね?

  • ちょっとした違い
  • ちょっとした気づかい
  • ちょっとした付加価値

これこそが、小規模で経営する時に必要な差別化です。

誰が見ても「このお店は違う!新しい!!」という差別化が出来たとしたら、残念ながらお金のある会社がすぐに真似をしてきます。

ポイントは【お金をかけずにちょっとした】です。

リピーターが増えない、ファン化に繋がらないという方は、是非とも真剣に考えてみてください。

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です