自分の強みがわからない!?なら比べる相手を変えてみたら?

あなたの強みは何ですか?

 

自分で思っている強みもあれば、人から言われて気づいた強みもあるかもしれません。

 

では、その強みは誰と比べた強みですか?

 

今回は、比べる相手によってあなた自身の、そしてあなたのサービスの強みは変わるというお話です。

自分の強みがわからない方はもちろん、わかっている方にとっても新しいアピールポイントを見つけるきっかけになりますよ!

同業者に勝っていることが強みじゃない

前回『競合の本当の意味とは?同業者だけだと思っていたら危険なわけとは』という記事を書きました。

時間があればそちらもお読みいただきたいのですが、ほとんどの方は競合を

  • 同じ地域で同じ商品やサービスを提供している
  • 地域は関係なく同じ商品やサービスを提供している

と思っています。

ですが、競合は同業だけじゃないというお話でした。

 

この認識がなくて、あなたは自分の強みを少なくしてしまっているかもしれません。それが、今回の強みの話に繋がってきます。

 

強みは誰と比べるかによって違う

 例えば「JAL」の強みは何でしょうか?

この質問には、人それぞれの答えがあると思いますし、あって当然です。

「サービスの質」と答える人もいれば、「マイルが溜まりやすい」と答える人もいるでしょう。色々と答える中で、全員が共通していることがあります。それは

 

必ずどこかと比べている

 

という点です。

 

どこかと比べなければ、「サービスの質が良い」とも答えられませんし、「マイルが溜まりやすい」とも言えません。

つまり、

 

比べる相手が変われば、同じ人でも全く違う答えが出てくるということです。

 

比べる相手で強みがかわる

先ほどのJALで言えば、LCC(格安航空会社)を比べる相手に選んだのであれば、「サービスの質」や「安心感」といった答えが多くなります。

ですが、全日空と比べたらどうでしょうか?

人によっては先ほどの「マイルが溜まりやすい」という答えが出るかもしれません。全日空ファンからは、強みを聞いているにも関わらず、マイナスの意見が多いかもしれません。

 

では、これが新幹線や高速バスと比べたらどうでしょうか?

「長距離を短時間で移動出来る」という答えが多くなるはずです。

 

このように、比べる相手によって、強みがかわってくるという事がわかったはずです。

同業者とだけ比べていたら、強みはどこも似たり寄ったりになります。

 

比べる相手が決まっていなければ、多くの人がイメージだけで強みを判断してしまいます。

先ほどのJALであれば、「サービスの質が良い」などは、サービスを受けたことがない人でも答えるでしょう。

 

一方、比べる相手がはっきりした瞬間「短時間で移動出来る」という同業者と比べていたら出てこない答えが出ましたよね?

ですが、考えてみてください。実際これは

 

JALのイメージではなく、新幹線や高速バスと比べた飛行機の強みです。

 

にも関わらず、新幹線や高速バスと比べたJALのイメージとして「短時間で移動出来る」という答えが出ます。つまり、

 

あなたが比べる相手を選ぶことで、何を強みとし、何をアピールすれば良いかが決まってきます。

 

それがわかれば、あなたは勝手に比べる相手を決めてアピールする事だって出来ますよね?

 

あなたの強みを決めつけていませんか?

もしかしたら、あなたは自分の強みを1つや2つだと思っているかもしれません。

強みがわからないという方も多いでしょう。

 

それは同じ業界だけで比べているからではありませんか?

比べる競合をもっと広く考えることで、今までにない強みがありませんか?

 

お客さんの選択基準は1つじゃない

例えば、カフェを選ぶ基準にも色々あります。

  • コーヒーが美味しい
  • 値段が安い
  • ソファの座り心地が良くて長居が出来る
  • 静か
  • インターネットの環境が良い

それぞれがカフェを選ぶ基準です。つまり、

 

それぞれが強みとしてアピールすることが出来ます

 

店主が「うちはコーヒーの味でお客さんが来てくれる」と思っていたとしても、実は「近くの競合よりもインターネットの環境が良い」という理由で来てくれているかもしれません。

しかもそのお客さんは、コービーが好きではない可能性すらあります。

 

カフェだからといって、コーヒーを飲む事だけが目的とは限らないことをしっかりと認識しなければなりません。

 

さきほどのお客さんをファンにするには、「美味しいコーヒーの提供」ではなく「よりよいインターネット環境」という方をアピールした方が効果があるという事です。

 

お客さんが選ぶ理由を知る

あなたは、なぜお客さんがあなたのサービスを選んでくれているのか本当の理由をわかっていないかもしれません。

 

例えば飲食店であれば、「お客さんが来てくれるのは美味しいからだ」と決めつけてしまいがちです。別の理由があったとしても、それを知ることがないまま時間は過ぎていきます。

本当の理由を知る一番良い方法は、お客さんから直接声をいただくことです。

 

単純ですが、アンケートを取ることは非常に有効です。

しかしほとんどの方がそうであるように、好んでアンケートを記入してくれる方は少ないです。

なので、サービス券をプレゼントするなどしましょう。声を聞けるなら無料券でも良いくらいです。

ケチケチしてはいけません。それくらいお客さんの声は重要です。

どうしたらより多くのお客さんの声を集めることが出来るかを考えましょう。これらはあなたの財産になります。常に考えることの1つに入れて下さい。

 

お客さんがあなたを選ぶ理由を知る、もう1つの重要な意味

先ほど「飲食店であれば、美味しいからだと決めつけてしまいがち」とお話しました。

では、実際にあなた自身が飲食店経営者だとして考えて下さい。

 

何人もの常連さんが急に来なくなってしまったら、あなたはどう考えますか?

その常連さんが、あなたの料理の味を気に入って来店してくれていたと考えていた場合、まず思うのが

「味付けがおかしくなったかな?」

ではないでしょうか。

下手すると、自分の舌がおかしくなったと勘違いし、自信がもてなくなるかもしれません(決して大げさではありません)

 

でも実際は違いました。

 

実は、あなたのお店のスペースの取り方と、静かに食事出来る点が気に入っていました。

それが、最近は家族連れが増え、子どもの声がうるさく感じていたので、来るのをやめてしまっていたのです。

 

これがもし、お客さんの声として常連さんが来てくれる理由を知っていたら違ったはずです。

色々な対策が打てたはずです。

「時間を区切る」「家族連れのスペースを分ける」、あるいは極端ですが、「家族連れのお客さんをお断りする」ことも出来ます。

 

それにはまず、お客さんが来てくれている理由を知らなければなりません。

 

こういったケースは本当に多々あります。

人気が出ると、お客さんのためを思って(収益のためもありますが)座席数を増やしてしまいがちです。

それにより一気にお客さんが減ってしまうのです。

お客さんが、そのゆったりとしたスペースに居心地の良さを感じていることを知っていれば、そのようなことにはならないのです。

 

お客さんが選ぶ理由を知る練習方法

お客さんの声を集めるのは多少時間がかかります。あるいは、声を取る必要性がわかっていてもやらないという方もいるでしょう。

そんな方でも簡単に出来る練習方法をお伝えします。それは、

 

今から、あなたが入るお店や取引企業を選んだ理由を毎回考えることです。

 

明日の朝セブンイレブンに入ったとします。

その理由はなんですか?

家から最も近いコンビニだからですか?コーヒーの味が好きだからですか?

 

普段なんとなしに入っているお店も、必ず理由があります。

その理由を、

あなたが強みとして出すにはどんなことが出来るだろうか?

として考えて下さい。

 

たまに、「近くにそのお店しかないから行くだけで、特に理由がない」という方がいます。

それは立派な理由ですよね?

 

その地域で1店舗しかないお店をやれば、お客さんは集まるという素晴らしい気づきがあります。

 

全てではなくても、いくつかはあなたのサービスや商品に当てはめることが出来るはずです。

それをあなたの強みとしてアピールしてみませんか?

 

まとめ

自分でビジネスをやっている方は、「強みがわからない」という悩みを持っている方だけではなく、「わたしの強みはこれ」と決めてしまっていることもよくあります。しかし、、

 

お客さんはそれ以外の理由で選んでいるかもしれません。

 

その間違いをしないためにも、同じサービスや商品やを提供している同業者とだけ比べてはいけません。

『競合』の本当の意味とは?同業者だけだと思っていたら危険な理由

2017.01.31

でもお話しましたが、絶対に間違えてはいけないこと、それが

 

お客さんの叶えたい願望を叶える手段を持っている全ての会社・人が競合である。

 

という認識です。

 

早速あなたの新しい強みを探し始めましょう。

それをアピール出来れば、今までにないお客さんの集客に繋がりますよ。

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です