集客しない方法を考えるには、まずは【スーパーの焼き鳥屋】を知る

スーパーの前に出ている「焼き鳥屋さん」を見たことがありますか?
中には買ったことがある方もいるでしょう。

あれは単純ですが凄いです。

もしあなたが集客がどうしても苦手だというのであれば、あの「焼き鳥屋さん」こそが解決方法になるかもしれません。なぜなら、、

 

あの「焼き鳥屋さん」は全く集客をしていないからです。

 

今回は

  • 集客が苦手
  • 集客したくない

そんなあなたに1つの光になりえる考え方をお話します。

なぜ最初から難しい道を選ぶのか

「サロンをオープンする場所に迷ってるんです」

つい先日ご相談があった方のお話です。(本人の了承を得て書かせていただいてます)

このような相談は初めてではありません。店舗系のビジネスを始めようとする方からの相談では、むしろよくある相談です。

 

飲食店や、サロンや整骨院などは場所が必要です。今まであったご相談の中では

  • 賃貸契約をする
  • 自宅を改装する
  • レンタルルームの利用(サロンや整骨院)

がほとんどです。

 

そして、このような形でオープンすると、ほとんどの方が集客に困り、賃貸の場合は固定費ばかりが出て行くことになります。準備していたお金もあっという間になくなってしまいます。

誰もが自分のお店をオープンすることに興奮しているので、その先にある集客のことがすっかり頭から抜けてしまっています。

技術があればお客様は集まると考えています。

 

ですが残念ながら、そう簡単にお客様が集まることはありません。

 

考え方を逆にする

ここで先ほどの「焼き鳥屋さん」を思い出してください。

集客を全くしないのに売れています。

なぜかはもうおわりですよね?そうです。

 

既にお客様が集まっている場所だから

 

たったこれだけです。たったこれだけで、自分で集客をせずとも売上があがっているのです。

 

実際にあの「焼き鳥屋さん」で買う人は

  • おかずを作るのが面倒
  • あと1品欲しいと思っていた

という方はもちろん

  • 買い物していて小腹がすいた
  • おやつ代わりに

といった方も買っていきます。

 

なぜならスーパーの前という場所にあるから

 

つまり、やっているのは、焼き鳥を買う可能性のあるお客様が集まる場所に出しているということだけです。

もちろん良い匂いをさせることは外せませんし、まずければリピーターにはなりませんが

あなたの見込み客さんがいる場所はどこですか?

あなたの見込み客さんがいる場所を考えていますか?

これがわかれば、あなたが集客しなくてもお客様は集まってきます。あとはそこであなたのサービスや商品を提供することが出来ないかを考えるだけです。

 

もう1つ事例をお話させてください。

病院の中にあるカフェ

うちから車で15分くらいの所に大きな病院があります。夜間もやっているので、子供が急に体調が悪くなった時には、その病院に行きます。

いつも体調悪くなるのが土日や夜間なので、近くのかかりつけより行っている気がします

その病院には『タリーズコーヒー』が入っています。

僕が行く時間にはいつも閉まっているのですが、間違いなく昼間は込んでいるはずです。

その病院はいつも込んでいますし、入院も出来る病院のため、お見舞いにくる人も多いからです。
(お店が続いているのがなによりの証拠です)

つまり、勝手に人が集まってくるからです。

 

しかも、街中にある店舗よりも、長居をするお客様は少ないなどのメリットもあります。

細かいことはさておき、とにかく勝手に人が集まる場所にあれば、勝手に売れていくということです。

ちょっと調べると、病院内にカフェがあるのは珍しいことではないようです。ということは、それだけ立地条件は良いということがわかります。

軒先ビジネスを使わずに自分で探す

軒先ビジネスって知っていますか?

こちらのサイトです⇒軒先ビジネス

簡単に言うと、【空いたスペースを誰かに貸してお金に換えよう】というサービスです。基本は1日単位でスペースを借りることが出来ますが、時間貸し出来る場所もあります。

軒先ビジネスは、貸し出しているスペースから借りる場所を探します。もちろんこういったサービスを使っても良いのですが、可能であればまずはあなた自身で考えてみて下さい。

考えることはたった1つです。

 

あなたの見込み客さんが集まる場所

 

これだけです。

 

実は、ちょっとしたスペースを借りるのであれば、直接交渉すると非常に安く済むケースが多々あります。

ご紹介した『軒先ビジネス』のようなサービスも、当然知らない方は多いです。しかも、デッドスペースになっていること、そのスペースがお金になる可能性があることにも気づいていない方はさらに多いです。

なので、直接スペースを借りる交渉をすれば、あなたの言い値で決まることだって充分考えられます。

企業に入るきっかけにも使える

空いたスペースと考えると、どうしても店舗ばかりに意識がいきがちですが、全くそんなことはありません。

考えられる1つに、企業の空いたスペースもあります。

 

BtoCビジネスをしている方からすると、BtoBに移行したいという方はたくさんいます。皆さんいずれは法人契約したいとおっしゃいます。

ですが、いきなりはハードルが高いと感じるようです。実際にはそんなことはないのですが・・・やはり今までBtoCでやっていたので、そう感じてしまいます。

 

そのための第一歩としても、この空きスペースを借りるというのは使えます。

企業側としても、特に何もしないで空きスペースを貸すだけで収益に繋がるので、デメリットはありません。

 

例えば、施術系の方であれば、

空きスペースの賃貸契約
   ↓
従業員も来てくれるようになる
   ↓
福利厚生の一貫として話してみる
   or
従業員割引制度の導入により、より多くの従業員にきてもらう

とかは提案しやすいですよね?

断られても、引き続き空きスペースだけは利用すれば良いですし、思ったほどの収益が出ないのであれば、契約期間中に別のスペースを探せばOKです。

 

最初の提案するきっかけが、『契約して下さい』よりも『空きスペースを貸してください(お金払うから)』のほうが言いやすいという方は多いと思います。ついでに法人契約ということも踏まえれば、良いことずくしですよね?

もしかしたら、相手から提案がある可能性だってありますよ。

まとめ

  • 集客が苦手
  • 集客したくない

このような方は、まずはあなたの見込み客さんが集まっている場所はどこかを考えようというお話でした。

 

通常は見込み客さんを集めることを考えます。ですが、今回のお話はその逆です。

ショッピングモールなどのテナントに入るのも、楽天やヤフーでお店を出すのも同じ考えです。

すでに人が集まっている場所に出す

ですがこれだと莫大なお金がかかります。同じ場所にライバルがひしめいています。売上は良いのに利益が残らないという事態にもなりえます。

 

ですので、出来るだけお金をかけず、しかもライバルと無駄な争いをしないためにも

  • あなたの見込み客さんが集まる空きスペースを考える
  • 直接借りれるように交渉する

これで集客もしないで売上があがりやすい状態を作れる可能性があります。

 

普段歩くところですら見落としている場所があるかもしれません。

意識していないと見つかることなど絶対にありません。

 

あなたが思っている以上に効果がるのはもちろん、見込み客さんが集まる意外な場所はけっこうあります。

是非、一度見込み客さんになりきって1日を行動してみてください。

大川




★ビジネスを成功させるために必要なものはたったの3つ★
お試しコンサル受付中

・解決するべき本当の問題点を発見し
・最速でビジネスを軌道にのせ
・利益中心の考えで、長期的な安定集客の方法がわかる

会社にいた時より「幸せだ!」と言えるようになるためのコンサルティングサービスです。




★LINE@登録者へ無料でプレゼント★
E-BOOK【広告費を一切かけず今ある商品で3倍利益を出す方法】

このE-BOOKでは

・価格を上げても喜ばれる
・今まで売れなかった商品が売れる
・広告費を無駄に使わなくなる

ためのノウハウを具体的にお伝えしています。是非お役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です